大阪市淀川区の歯科 歯医者 インプラント ホワイトニング 親知らず 虫歯治療 レーザー治療 歯周病治療

新大阪の歯医者 豊歯科医院

 

 

豊歯科HOME > 「豊歯科の奥さん通信」過去の記事 > 「豊歯科の奥さん通信」

夏休み 自由研究

 お盆が終わって高校野球がたけなわになった頃、東京から帰ってきた娘と「小学校の夏休みの宿題、自由研究を何にするか、悩んだねー。」という話題で会話がはずみました。

 奈良に連れて行って法隆寺について調査したり、日本海で海辺の生物を採取したり、今となっては楽しい思い出です。 

 「久しぶりにプチ自由研究やってみる?」と娘に言うと、「奥さん通信」で発表しようともりあがりました。

******************************************************************************* 

★夏休み プチ自由研究★

 

課題 「くちの中のパイキン」

 

*方法

位相差顕微鏡を使って、お口の中にいるバイキンを調べたいと思います。

 

ところで、位相差顕微鏡ってどんなものかわかりますか?

微生物などの生物の細かな構造は、ほとんど無色なので普通の顕微鏡では観察できないのですが、位相差顕微鏡は、光の位相を変えることで、 染色などを必要としないで、生きたままの細菌に明暗をつけてハッキリ動くのがわかります。

この顕微鏡を使って、食前と食後のバイキンの状態を調べたいと思います。

 

*考察、結果                                

食前                                         

右図が朝食後歯を磨いて3時間後のお口の中のバイキンです。 

私のお口のバイキンは虫歯菌(赤)より歯周病菌(青)のほうが多いことがわかります。一番のバロメーターである舌を使って、歯の表面をなめてみると、つるっとしています。

 

 

 

 

 

食後

右図が2時間後のお口の中のバイキンです。                    

舌で歯の表面をなめてみると、「あらっ、さっきとは違う。」舌触りがなめらかでなくなってきてます。

お行儀が悪いですが、その歯の表面についているものをひっかくと、白いものがとれます。

みなさん、これを食べカスと思っているようなのですが、これが、歯垢(デンタルプラーク)といい、バイキンの塊です。

 

私は、自慢ではないですが、かなり歯磨きをしているほうなのに、プラークがつきます。

…おそるべし「プラーク」。

 

☆娘(歯科大でお勉強中)からの一言☆

 プラークは虫歯の原因にもなるので出来る限りきれいにしたいものですが、磨き残しをされる患者さんが多くいます。では、プラークはどのようなところに付着しやすいのでしょうか?

歯科では不潔域(@歯の咬合面の溝A歯と歯の間B歯肉から上の歯3分の1)と呼ばれる虫歯が出来やすい場所があります。この個所を歯ブラシやデンタルフロスでプラークを除去してあげると虫歯を防ぐことができます。

 また、食後の歯ブラシまでの時間も関係しています。食後口の中は食事にふくまれていたもの(たとえばお砂糖など)によって口の中では歯が溶けやすい状態になっています。唾液の力によって30分ほどでもとの状態にもどりますが、その30分の間に歯は溶けているんです。そう考えるとちょっと怖くありませんか?歯のためにも食事のあとは30分以内に歯を磨くのが理想的ですね☆

 

******************************************************************************* 

 当院に来院された方は、ご自分のバイキンを見ていただいております。 お楽しみに!!
ページトップへ
大阪市淀川区の歯科 歯医者 インプラント ホワイトニング 親知らず 虫歯治療 レーザー治療 歯周病治療
〒532-0002大阪府大阪市淀川区東三国2-17-26
Copyright (C) 2012 yutaka-dental.net. All Rights Reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】