大阪市淀川区の歯科 歯医者 インプラント ホワイトニング 親知らず 虫歯治療 レーザー治療 歯周病治療

新大阪の歯医者 豊歯科医院

 

 

豊歯科HOME > 「豊歯科の奥さん通信」過去の記事 > 「豊歯科の奥さん通信」
みんなの疑問?「保険治療」と「自費治療」のちがい

 保険治療とは、みんなが平等に治療がうけられるように考えられたとてもよいシステムです。

しかし、厚生省が決めた保険の治療では、治療方法、手順、材料が全て規制されています。

 

例えば

* かぶせたり、詰めたりするのには、金(ゴールド)は使えない。

* 奥歯2本は、白い歯はかぶせられない。

* 前の歯も奥の歯も2年たたないと作りかえれない。

* 入れ歯は半年以上たたないと新しく作りなおしが出来ない。

* 入れ歯の内側に薄い金属を使えない。(一部例外あり)。

 

 多数の規制の中で指定された材料を使うようになります。 一人一人患者によって必要とする材料(アレルギーなど)、治療方法が違う中で保険のみでは、限りがあります。保険治療の目的は「噛める」ようにすることを第一にしています。

 自費治療とは、費用は自己負担になってしまいますが、「快適な噛み心地」と「審美性」を実現できることができます。

 

例えば

* 体に害の少ない(生体親和性に優れた)材料を使用できる。

* 快適でより精密な歯が提供できる。

* より自然に見える色の材料を使え、外観の美しさを求められる。

* 再製療法(インプラント)などの高度な医療をうけられる。

今まで専門的なことを説明しましたが、少しはわかっていただけたでしょうか。

 

 当院で自費治療で、審美治療をされた患者さまのほとんどが、「もっと早くにきれいにすればよかった。」とおっしゃいます。それは、今までは、自分の歯の色や、見た目に慣れてしまって、違和感を感じてなかったけれど、実際にきれいになってみると表情があかるくなったり、大きな違いを感じておられるようです。

 また金属床の入れ歯を入れられた方も、「食べるという楽しみがなくなっていたんだけど、入れ歯が

調子よくて、外で孫たちと食事ができるようになってうれしいわ。」という声もよくお聞きします。

 

イラストが得意な平田が保険治療自費治療のイメージを住居であらわしてみますね。

保険治療のイメージ   自費治療のイメージ

 

エアコンなどがなく、快適さをもとめずに「住める」部屋が厚生省の定めた保険治療です。

 

ステップアップして、快適な人生の豊さを感じながら生活できる部屋、それが自費治療といえるのではないでしょうか。 

 

ページトップへ
大阪市淀川区の歯科 歯医者 インプラント ホワイトニング 親知らず 虫歯治療 レーザー治療 歯周病治療
〒532-0002大阪府大阪市淀川区東三国2-17-26
Copyright (C) 2012 yutaka-dental.net. All Rights Reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】